2018年09月12日

<おそうじ情報館>既存客や見込客の興味・関心を知る方法


こんにちは、
おそうじ情報館(カイユウ商事)の高根です。


今日は・・・
既存客や見込客の興味・関心を知る方法についてを
先月受けた相談を元に解説します。

相談のお電話をいただいたのは・・・
千葉県で在宅のハウスクリーニングを中心に行っている会社の
社長さんでした。社長さんを入れて6名の清掃会社です。


相談内容は・・・
「既存客からのリピート注文を増やしたい」
ということでした。

定期的に、メールや郵送でDMを送っているとのことですが、
成約できるのが1%未満の為に、
もっと増やす為に何をすればいいかの相談でした。


まず、既存客にDMを送っても受注が少ない時の原因です。

(1)DMの内容が悪い
当然のことですが、DMに掲載する内容が悪ければ、成約率が
悪くなります。なので、反応が悪ければ、DMの中身を修正
するのが基本です。中身とは、主に文章です。
文章の書き方によって、成約率は大きく変わる為です。


なので、
この会社が送ったメールDMを見せてもらいました。

メールDMを見たところ、非常に良く出来ていて
問題点はほとんどありませんでした。

その為、次の原因を考えました。それは・・・


(2)時間の経過と共に成約率が下がる

既存客・見込客へのDMの成約率は、やり始めた頃は、
5%以上の成約率で仕事を獲得できることが多いのですが、
時間の経過と共に下がっていく傾向にあります。
原因の一つは、DMに慣れてしまうことです。

なので、新規の見込客・新規客を増やしていない場合には、
DMの内容が良くても、1%以下になることもあります。


(3)PRするサービスの選択を間違っている

DMをやる時は、一つのサービスに絞ってPRした方が
成約率が高くなります。
一つに絞った方が詳しい説明が可能になる為です。

その為、PRするサービスの選択が重要になるのですが...
この選択を間違えると、DMの内容が良くても、
反応は悪くなります。
これは、意外とよくやってしまう失敗です。


このような失敗をしてしまう原因は、既存客や見込客の…
興味・関心が高いサービスを把握していないことです。

興味・関心が高いサービスをPRすれば、
当然のことですが、成約率が高くなる為です。


しかし、既存客の興味・関心が高いサービスは何か?
というと、答えに困ることが多いはずです。


そこで、
既存客の興味・関心が高いサービスを知る方法ですが…
よく行われているのが「アンケート」です。

アンケート結果を元に、PRするサービスを選択すれば
DMの失敗も回避できる為です。


しかし、アンケートには大きな弱点があります。
それは、以下の4点です。

(1)顧客に警戒心が出る危険がある
これは、アンケートに回答すると、アンケート結果に基づいて
強引なセールスがあるかも…という警戒心が顧客に出てしまう
ことがある...ということです。

警戒心が出てしまうと、
アンケートに参加してもらえないことが多くなるだけでなく
いい加減な回答をすることも多くなります。

(2)アンケートはコストがかかる
アンケートを郵送で行えば、お金もかかります。

(3)アンケート自体を作るのが面倒

アンケートは、質問内容によって回答率が大きく変わります。
なので、アンケートの質問内容を考えるだけでも多くの時間が
かかります。その為、非常に面倒です。

(4)一部の人しか回答してくれない
アンケートの内容が多く複雑な場合、面倒と思われ、
回答してくれる人が少なくなります。


このような現実があるために、
アンケートを実施する会社は、
意外と少ないのが現状ですが・・・


アンケートのように、内容を考える手間もなく
既存客や見込客に面倒なことをさせずに、
既存客や見込客の興味・関心を知る方法があります。


その方法とは?

既存客や見込客に●●●をするだけです。

●●●をするだけで
どんなサービスに興味を持っているか?
これが分かります。

なので、これに基づいてDMを遅れば・・・
成約率が高くなる可能性があります。

しかも、興味を持った人だけに
DMを送ることも可能なので、
少ないコストで可能です。
メールでDMを送れば、コストもかかりません。


尚、この方法は、非常に効果が高いのですが、
今まで誰にも教えたことのない極秘の方法です。


なので・・・
仕事を増やす為のホームページ作成セミナー」にて
この方法の詳細と活用方法を公開することにしました。


興味のある方は、ぜひ、セミナーにご参加ください。

●セミナーの詳細は・・・↓↓↓
http://www.kaiyuu.com/seminar/homepage/web-seminar.html


ネット系の広告会社の一部で、
この方法の一部を使っているケースがありますが、
使い方を間違えていることがあります。

実は、使い方を間違えると、効果が半減するだけでなく
その後のDMを見てもらえなくなります。

なので、このセミナーでは、
この方法の正しい使い方を公開します。

セミナーの詳細は・・・↓↓↓
http://www.kaiyuu.com/seminar/homepage/web-seminar.html



posted by おそうじ情報館 at 09:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。